ネット株初心者の株式投資ガイド > 株の腕を上げる 2
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株を上達するには
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





株で損を減らすには?



 

子供はよく転びます。転んだときのことを想定していないために、転んだときに痛い目にあう。走ることに夢中になり、走ることだけに集中した結果です。失敗して痛い目を見るのは初心者の共通点。何度も痛い思いをすることで少しずつ対処の仕方を覚えていきます。やがて子供から大人へ成長すると周りが見渡せるようになります。

誰でも株で損を出すと気分は最悪です。株初心者が 1日で稼げるだけの損失なら、まだしも予想外の損失を抱えてしまったら。。。 もし、大金を一瞬で失えば、いつも冷静に判断できることもできなくなるかもしれません。 投資家が大きく負ける理由のひとつは感情的になったことによる自滅です。

冷静であればリスクも実力どおりコントロールできるはず。追い詰められたら普段するはずのないミスをだし、さらに追い込まれる。追い詰められて銀行強盗にはしる人は理性がないからではなく、周りが見えなくなり感情的になった結果ではないでしょうか。

株のブログを読んでいると、生き残る投資家と、消えていく投資家に明らかな違いがあります。消えていく投資家はハイテンションで感情的。感情的な取引が原因で大きく負けこみ消えていく。いつも冷静な投資家は無理な投資はせず、少しずつ確実に相場の恩恵を受けているように思います。


株はどれだけ冷静を保てるかが重要です。どんな事態になっても、冷静に取引をできるかで、かすり傷か致命傷かが決まります。 致命傷を避けるために必要なのは、損きりの徹底です。損きりは、勇気がいるのでなかなか難しいですが、これができれば怖いもの無しです。



乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

気持ちよく株取引をこなすには ルールを守ることです。 できないのはまだ練習していないからです。 ゆとりある生活をすることなんてありえないんじゃないか。

あなたは、やりたいことを我慢していませんか。 高ぶる気持ちがあればできるものです。

浪費癖が直らず、無駄なことばかりしているとおもうなら めげずに続けてみればいい。 あとは勇気をだすのみ。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください