ネット株初心者の株式投資ガイド > 取引銘柄を選ぶ7
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





取引銘柄って何を基準に選べばいいの?



 

個人投資家の多くは値動きが激しい銘柄を好むようです。ソフトバンクのような有名で新しい会社は注目度が大きく、割高になる傾向があります。決算時の大きな値動きにスリルを感じる人も少なくないでしょう。株式投資にスリルを求めるなら有名で新しい会社を選ぶといいでしょう。しかし、割高な会社ほど、決算による暴落を覚悟しなければなりません。

地味で有名でない企業は出来高が少なくなります。値動きも少なく、面白みにかけるかもしれません。地味な銘柄は割安になっていることが多いため、何かの拍子で大きく上がることがあります。外資系に買収されたり、決算がちょっとよかったりすると。

銘柄を選ぶとき、短期なのか長期なのかあらかじめ決めておくことが大切です。短期ならテクニカル分析、長期ならファンダメンタル分析、選ぶ基準があります。短期投資なら値動きだけを観察していれば、会社の決算内容まで詳しく知る必要はありません。

選ぶ銘柄によって動きに特徴があります。同じような動きの銘柄で取引を繰り返すと少しずつ少し先の動きが読めるようになります。明らかに上がりそうな場面だけで取引を繰り返せば自然に資産は増加します。

上がりそうな場面を見分けるのはあまり簡単だとはいえません。が取引が熟練するにつれてわかるようになります。上がる前にどのような動きをしたか観察していると、どこをポイントにして株価の流れが変わっているかが見えてきます。

何度も同じ銘柄の動きを研究し続ければ、努力は実るはずです。どんな銘柄でも動きを読めれば利益が出ます。動きの激しい銘柄は資産の変動が大きくなるため株初心者は動きの穏やかな銘柄を選ぶほうがよいでしょう。

初めてまもなく変動幅の大きい銘柄を選ぶと変動に大損を繰り返すことにもなりかねません。無理な投資はせず慎重な取引をすることが大切です。あなたの実力が高まり、多くの収穫を得られる日までは。

                  確実に利益を確保できるやり方とは


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

ユナイテッドワールド証券で投資をする覚悟が決まったなら 熱心になることです。 すぐに結果を求める必要はありません。

いつも味わわされる敗北感。いつか見返してやりたい。 現実を変えることができたら、変えてみたいと思いませんか。 財産はあったほうがいいにきまっている。

つまらないことばかりで人生を終えたくないのなら 短絡的な投資をしなければいい。 投資で将来を切り開け。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください