ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 1
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





信用取引って何が得なの?



 

株には資金がいるというのは世間の常識かもしれません。株のイメージは、富裕層の人たちがお金儲けをたくらんで何か悪いことをしているかのように感じている方もいるでしょう。事実、世間を騒がせた、ほりえもん、村上ファンドなどは、あまりよいイメージをもたれていません。

勝手な思い込みは怖いもの。日本では運用自体が悪いことでやってはいけないと潜在意識に植えつけらている方が多いのかもしれません。決め付けは資産運用にとっては大敵です。運用について知らないと、あなたの将来にとって不利になる可能性が極めて高いです。

毎日汗水たらして働いて得た金はきれいで、濡れ出に泡で稼いだ金は汚い金と区別する必要はありません。株が貧乏人には関係ないものだと思い込む必要もありません。貧乏だからこそ株で資産を増やせば、生活は改善され、ストレスの少ない暮らしをつかむことができます。

信用取引とは、証券会社から資金を調達して数倍の取引をすることです。自己資金の2倍から3倍程度の取引をすることができるため少額の資金で多くの利益を狙えます。資金規模が小さいと取引に対する意欲がわかないかもしれませんが、信用取引の利用で大きな運用ができます。

通常の株取引を現物といいます。信用取引を利用すると短期間で資金増加が見込めるため人気のようです。信用は、現物と比較するとコストが多めにかかるため、賢く使うことが大切です。信用取引のメリットは、信用売りがあげられます。通常の株取引の順序は株を買ってから売ることになりますが、

信用売りを使えば順序が逆になり、売ってから買うことができます。信用売りは空売りともいわれます。もし暴落時に信用売りを利用すれば大きな利益を見込めます。現物では空売りはできません。より多くのチャンスを利用できる環境さえあれば、もうすぐゆとりある生活を手にできるかもしれません。


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

オンライントレードで資産形成したいなら ためらわないことです。 素晴らしい成功は、逆境をくぐりぬけて掴むもの。 家柄は選べないという事実 あなたの不安を少しでも減らしませんか。

とりあえずやってみるべきです。 副収入がほしいと考えているなら 5年後の成功を描いてみればいい。 運用をやってみよう。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください