ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 2
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。信用取引の利用割合からみえるものとは
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





信用取引の利用割合はどの程度か?



 

株取引が危険というイメージは信用取引の影響のような気がします。ライブドアショックのときに大きく損をした人が話題になりました。いくら損したと注目され、サイトは多くのアクセスを集めていました。大きく儲けた人もテレビで見かけますが、注目度はあまり高くありません。人の不幸は面白く、損した人のほうが悲劇のヒロインとして演出されているからかもしれません。

日本経済新聞によると株式投資をしている人の中で 信用取引をしているのは 1割から2割程度のようです。信用取引では現物取引よりも余計なコストがかかったり、 取引の仕組みが少し複雑なのでやっていない人が多いようです。

信用買いをしている人がどの程度含み損を抱えているのかを表す指標として信用評価損益率というものがあります。信用取引をしている人がどの程度含み益を持っている、あるいは含み損を持っているかを表す指標です。

もし、信用評価損益率がマイナス10%となっていれば信用取引をしている人が10%の含み損を抱えていることをあらわします。この指標はマイナスであることが多く、信用買いをする個人投資家のほとんどは含み損を抱えていることがわかります。

含み損を抱えた上に金利まで支払う必要があり、まさに悲惨といえます。信用評価損益率は20%を超えると一気に損切が進むといわれています。信用取引するなら空売りのみを利用するほうがよさそうです。

       信用取引のリスクを少なくできる証券会社とは



乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

株の売買で飛躍的な収入増加を狙うなら あきらめない心を持つことです。 わからないと不安は大きくなるもの。

過酷な時代だからこそ、蓄えを残しておきたい。 そのストレスを減らしませんか。 あなたの人生は容赦なく流れていきます。 いらないものまで欲しがることがあるのなら 恐れず行動してみればいい。

ネット取引。便利になったものです。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください