ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 3
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





信用取引のリスクとは?



 

信用取引のリスクは主に3つあります。一つ目は、資金の数倍の取引が可能となるために利益や、損失が大きくなりがちです。100万円の資金で信用取引をする場合300万円までの取引が可能となります。もし全力買いをしていた銘柄が30%の値下がりすれば投下した100万円はわずか10万円になります。

2つ目のリスクに追証というものもあります。買った銘柄が大幅に下落すると証券会社から追加で資金を振り込むように言われることがあります。信用取引ではあなたの保有銘柄が下落しすぎると証券会社に迷惑がかかるためです。

指示通りに資金を振り込めば証券会社はひとまずおとなしくなります。もし払わなかったら保有株式を強制的に売却されます。厳しい処分である場合、信用口座を凍結することもあるようです。

底値であろうが容赦なく売却されるので余裕を持った取引を心がけることが大切です。現物の取引では株価がいくら下がろうが証券会社からあれこれ言われることはありません。

最後のリスクは逆日歩というものです。逆日歩は空売りのときに発生する費用です。逆日歩に関してはあとのページで詳しく説明しています。

信用取引は株式を担保に資金調達するため、ひとつの保有銘柄の倒産などによりいきなり追証になることもあります。ライブドアが捜索されたときには、ある証券会社ではライブドア株式の担保価値をいきなり0として市場を混乱させました。

信用取引は資金を上手く活用できること、空売りができることが魅力です。使い方は人それぞれ。バランスをもって使えば有利な投資となることは間違いありません。現物取引では信用売り(空売り)ができません。幅広いチャンスを掴みたいなら信用口座は強い見方になります。


                          リスクを減らす方法とは


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

株式投資で大きな充実感を味わいたいなら 落ち着いて考えることです。 繰り返しがあなたには必要です。 ゆとりのない人生に絶望を感じている。

財布の心配するのをやめませんか。 人生は楽しいほうが良いにきまっている。 満足のいく時間をすごしたいなら 全力を出せばいい。 株ならすぐにでも取り組めます。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください