ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 6
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





信用口座を作るにはどうしたらいいの?



 

信用取引は、なんだか難しく、危険なものというイメージをもたれている方も少なくないはず。信用取引は通常の株取引よりも、抑えておかなければならないリスクがたくさんあります。何もわからず利用すると思わぬ損失に対応できないかもしれません。

信用口座とは、信用取引を始めるために必要な口座のこと。現物で株式を買うのとは違い、証券会社からお金を借りて株取引をします。通常の株取引の場合、あなたの資金の範囲内での売買になります。証券会社にとって現物口座の利用者はお金を落としてくれる、だけ、のありがたいお客様となるわけです。あなたが現物取引で取引している限り、証券会社は損害を受けることはありません。

信用取引では、あなたの資金以上の運用が可能になります。信用口座の場合、証券会社はあなたに資金を貸し付け、返してもらう必要があります。証券会社にとってはリスクです。もし、あなたが株取引で損失を出せば返済できなくなる可能性もあるからです。

証券会社はあなたが信用口座を利用しても大丈夫かを判断するために審査が行います。信用口座は資金の数倍の取引ができるため、資金規模を、短期間で大きくできる可能性を秘めています。少ない資金より、大きな資金を動かすことはリスクが高くなる分、リターンも大きくなります。

信用口座を開設するには、まず証券会社に証券口座を開設する必要があります。証券口座開設後に資料を請求し、必要事項を記入した後、収入印紙を貼り付けて返送するだけです。書類審査がとおれば電話審査となります。

書類審査には年収、資産、投資経験などを記入します。気をつけるべきことはうそは書かないことです。もし、うそがばれると口座が凍結されることもありえます。正直に記入して審査に通らなければ他の証券会社で信用取引を申し込めばいいだけです。

電話での審査前に信用取引の仕組みについて勉強しておく必要があります。質問に答えられず落とされてはつまらないのできっちり理解しておきましょう。

                             証券会社比較へ


リスクを減らせる証券会社とは 株購入に挑戦したいなら うろたえないことです。 多くのミスは、次へ進むためのステップになります。 毎日を淡々とすごすことが当たり前になっている。

挑戦するパワーは振り絞れませんか。 限られた人生。 人の失敗を教訓にして役立てることを知らないなら 最大限の対応をすればいい。 さあ乗り越てみよう。

リスクを減らせる証券会社とは


わからない株用語があれば こちら からご質問ください