ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 8
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。信用口座で審査の秘密とは
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





信用口座開設の審査とは?



 

株取引を始めるときに、証券口座を開く必要があります。順調に利益が出るようになると、資金さえあればもっと多く利益が出せるとの考えが頭によぎる方もいるでしょう。株取引は身の丈に合わない資金を扱うほど感情のコントロールが難しくなります。

始めは10万円の資金を動かすだけでびくびくしていたはずが、10万円の資金では物足らなく感じる日がやってきます。これは始め10万円をうまく扱えていなかった状態からうまく使いこさせるようになった成長の証です。多くの資金を扱えるように成長したことで以前より冷静に判断できるようななっているかもしれません。

物足らないときにできることは、投下資金を増やし株取引をするか、信用取引に挑戦するかです。少しゆとりがある方なら投下資金を増やすといいでしょう。今はゆとりがなくても信用取引でゆとりは獲得できます。成長度合いに応じて資金規模を大きくできれば、加速度的に資金は拡大させることも夢ではありません。

信用取引の審査では、株取引の経験があるか、信用取引の理解度をチェックされます。通常は年収、資産、など書類審査を受けた後電話審査が行われます。信用取引で審査があるのは、証券会社にとってもリスクを伴うためです。

あまりに年収が少ない方、資産がほとんどない方、投資経験が浅い方は落とされる可能性があります。クレジットカードを作るときでも審査が通らないとカードを発行してもらえないことがあるのと同様です。もし審査が通らなくても他の証券会社で通ることもあります。

歴史の浅い証券会社では口座数を多く獲得するために審査を甘くしていることがあるのでねらい目かもしれません。審査の前に信用取引のことを理解し勉強しておくと電話審査で有利になる可能性は高いので勉強しておいてください。何も知らないで信用取引をはじめていきなり大損してもだれも面倒を見てくれません。


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

日興コーディアル証券などで優雅な空気を感じてみたいなら ためらいを持たないことです。 はじめてしまえばあとは対処するだけ。

弱いものは我慢するしかないという事実 あなたの夢を実現しませんか。 裕福である方がよいに決まっている。

言い訳人生から卒業したいとおもうなら 甘い認識で取引しなければいい。 投資はだれにでも始められる。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください