ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 9
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





信用取引の費用とは?



 

信用取引は、資金効率を高めた効率の良い取引のように言われます。信用取引は資金の3倍の取引ができるため、多くの元手がなくても始められます。少ない資金で効率よく利益を上げる。短期間の成功を望んでいる方にはピッタリの投資法です。

信用取引には罠が隠されています。短期的に成功することを望むと、足元が甘い投資になりがち。信用取引のデメリットをあげてみます。リスクをとりすぎることで一瞬にして大きな損失を出す。大きな資金を動かすことで手数料が割高になる。通常の現物取引より感情をコントロールが難しくなる。

株取引で成功するには、損失を抑えできるだけ長く株式市場から恩恵を受けることが上げられます。信用取引は構造上、投資家の命を短くする可能性を秘めています。大きな資金は強みになる一方で、弱みになることもあります。無理のない投資を心がけることが大切です。

信用買いの費用は、取引手数料と日歩(年利2%程度)などです。長期間保有する場合、管理費(1株あたり0.1円)や名義書換え料(1単元あたり50円)もかかります。 信用売りの場合、取引手数料と逆日歩と貸株料(年利1.15%) が必要です。

長期保有の場合、それに加えて管理費(1株あたり0.1円)や配当金調整額がかかります。 管理費とは1ヶ月をこえて保有する場合に支払う必要があり、1ヶ月以内に決済した場合はかかりません。名義書換え料は決算期末時点で保有している場合に、支払う必要があります。

配当金調整額とは決算期末時点で売りポジションをもっていた場合、その時点で株を保有している人に支払われる配当金を支払うというものです。逆日歩は株が不足しているときにのみにかかるため、発生しないこともあります。


                           コストについて知る


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

株情報に振り回されないためには 頭を使うことです。 無理だと思えばそこで終わりです。 いつも味わわされる敗北感。いつか見返してやりたい。

知っているだけで損しない投資のやり方が数多くあることをご存知ですか 熱中できる方がよいに決まっている。

貧困への道を進んでいると気づいているなら 運だけに頼らなければいい。 あなたには大切な人生がある。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください