ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 10
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





追証(おいしょう)って何?



 

信用取引で買った銘柄の株価下落などによって、 追加で支払わなければならない保証金のことです。 もし、保証金維持率が最低保証金維持率を下回れば、委託保証金率に回復するまで 追加資金を振り込まなければなりません。

計算方法がわからなくても証券会社が勝手に計算してくれますので自分で計算する必要はありませんが、基本をおさえたうえで信用取引すると追証になることもありません。

追証は大きく買った銘柄が決算発表や不祥事などで大きく下落した場合に起こりやすいです。1銘柄に資金の比重を大きくすると極端な値動きが発生したときは悲惨な目に会うこともあります。信用取引はリスクが高いことを自覚し、投資金額は控えめにすることをお勧めします。

ライブドアショックやアメリカ同時爆破テロ、上海ショックなど普通では考えられないような大暴落をすることもあります。理由もなく突然株価の下落があっても追証にならないか注意して株取引に取り組むことが必要です。大暴落は突然やってきます。明日大暴落があっても、耐えられる投資を心がけてください。


保証金維持率の計算方法
保証金維持率(%)=( 保証金−建玉の評価損 )÷建玉金額×100

最低保証金維持率とは、この率を下回ると追証を差し入れなければならない 数字のことで証券会社ごとに定められています。


委託保証金率とは、この率を上回るまで追証を差し入れなければならない数字で 証券会社ごとに定められています。

例えば、保証金維持率が20%、最低保証金維持率が25%、委託保証金率が33%の場合、13%にあたる資金を 差し入れなければなりません。建て玉総額が1000万円なら130万円です。


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

個人向け国債を投資の一部として利用したいなら 常に最悪の事態を考えることです。 上手くいかない事を、そんなにおびえる必要はありません。

頑張っている割には報われない。どうしてだろうか。 時間とお金に追われていませんか とりあえず挑戦してみる事です。

給料前でも財布を気にせずに生活するためには やる気を出してみればいい。 希望はすぐそこにある。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください