ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする 15
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。株をはじめるポイントを解説しています
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





お勧めの証券会社は?



 

株取引は長く続けるほど有利になるといわれています。経験を積むと少しずつ対処法もうまくなり資産増加に役立ちます。資金は時間をかけるほど複利の効果が効いてきます。年1%の利回り向上を目指した運用でも何年かすれば次第に年5%、10%と達成できるようになります。

短期間で大きく増やせなくても、落ち込む必要はありません。株を続けていればチャンスを見つける目が育ち、いずれくる大きな波を捉えられるはず。何事もベテランになるまでは時間がかかることを心得ていれば一時的な失敗は無駄にはなりません。


信用取引には一般信用取引と制度信用取引2種類あります。一般信用取引とは金利が高いが、手数料が安く、返済期限が長期間になります。制度信用取引とは、金利は安いが、手数料が高く、返済期限が半年になります。

信用取引は利用期間が長いほどコストがかさむため短期売買に向いています。できるだけ短い時間だけ保有するほうが、無駄なコストがかからず投資成果は高まります。返済期間ぎりぎりまでポジションを保有するとコストがかさみかなりの負担になります。


長期保有するつもりならはじめから現物取引をすべきです。一般信用取引は超短期の取引、制度信用取引なら短期の取引と使い分けることが賢い利用法となります。信用手数料が安い証券会社はオリックス証券です。一般信用取引が特にやすくなっています。今ならキャンペーンをやっているようです。

                               
オリックス証券


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

資産運用と無理なく付き合うには 好奇心を持つことです。 予想のつかないことは難しく感じるもの。

不自由なく暮らすことは可能なのだろうか 挽回できるチャンスほしくありませんか。 熱意に燃える方がいいにきまっている。

お金がないことに悲観するぐらいなら 遠慮する必要はありません。 運用こそあなたの力になる。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください