ネット株初心者の株式投資ガイド > 材料について知る10
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。材料を使いこなし利益を得る。
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





テレビで株の特番が多くなり始めました。株価はどうなるの?



 

相場が多くの人に注目されると出来高が活発になり、値動きが激しくなります。このような時期は、株価は軒並み上昇。どの銘柄を選ぼうが誰でも儲けられるという幻想に陥りがちです。裏付けのない株価上昇はむやみな乱高下を起こします。期待とスリルが入り混じり、鼻息を荒くする人もいるでしょう。

株が過熱し始めてくるとワイドショーや本屋のコーナーがにぎわい始めます。週刊誌で株で儲けた人の記事が多くなってきたり、テレビの番組で株の話題が出たりとか。そんなころに金儲けをもくろんだ熱を帯びた投資家はこぞって投資を始めます。相場が加熱していることを知らずに。

加熱した相場はスリルに満ちた値動きを繰り返します。よく動く相場はチャンスが多く儲かることもあるでしょう。1日で数十万の利益が出たときには天にも昇る気持ちになるかもしれません。俺って天才なんじゃないかと。

大きな株価変動は投資家を成長させます。しかし致命傷は受けるべきではありません。大きな損失は資産とやる気を減少させます。資産の減少は、痛手ではありますが、あまり問題ではありません。いつか取り戻せばいいだけですから。もし、やる気がなくなれば今後なんども来るであろうチャンスを不意にすることになります。

失敗は常にかすり傷までにしておくべきです。どんな相場であっても、慢心せず努力できる投資家はいずれ資産を獲得できます。相場環境のおかげで利益が出せていることを自覚していると感情的な投資が減り、成功する可能性が飛躍的に伸びるはず。

百戦錬磨のプロ投資家はカモになる投資家を狙っています。株をはじめたばかりで過熱気味だと感じたら投資金額を減らし冷静になることも必要です。上昇しすぎた相場に参加すると暴落相場に巻き込まれる可能性が高くなります。

加熱相場のあとの暴落は投資家の試練といえます。株をはじめたばかりで暴落相場に出会うとかなりの痛手を負い叩きのめされるかもしれません。そこを乗り越え、本物の投資家になるか、株式市場から引退することになるか。それはあなた次第。もし、リスク管理のできる証券会社を利用していないならいますぐの口座開設をお勧めします。

                リスクを減らすことのできる証券会社とは


株価変動に対応しやすい証券会社とは

中国株を魅力の有るものにするには シナリオを予想しておくことです。

いくつもの失敗が上達する糧となるのです。 世の中は二極化されているらしい。ずっと下流のままなのだろうか。

もう将来から目を背けるのはやめませんか。 とりあえず執りかかる事です。 被害妄想的な発想をすることが多いと思うなら 粘り強く行動すればいい。 株式市場に挑戦者、来たる

株価変動に対応しやすい証券会社とは


わからない株用語があれば こちら からご質問ください