ベタと写真

ベタの飼い方

ベタ 拡大
オス同士は激しく縄張り争いをします。闘魚としても有名で、タイでは賭けの対象ともなっています
威嚇するため、ヒレを広げ、エラを出します。

●通常はヒレは開いておらず、ボケーっと漂っていますが、同種が現れると、パッとヒレを広げ、一瞬で戦闘モードに入ります。
この一瞬でこの魚のとりこになってしまう人も多いのではないでしょうか。
一匹でも鏡を使えば威嚇を始めます。

●闘魚と聞くとイメージは良くありませんが、魚とは思えないひとなつっこい性格で熱帯魚ファンにも人気があります。
水槽の底にちょこんと座ってみたり、チョコチョコっと動いて水草の上に座ってみたりと、普通の魚では見られない行動をします。
普通の魚なら底にくっついてじっとしているのは動けないほど弱っている時くらいですので、
私も最初に見た時は調子が悪いのかと思っていましたが、他のベタも同様に休憩?すると聞いて一安心です。
好奇心も旺盛で、色々なものにちょっかいを出します。見ていて飽きない癒し系の魚ですね。

ベタ飼い方 写真

●ベタの特殊な飼い方の一つが、ビン飼育ですが、この魚、なんと空気呼吸が出来るからです。
出来るというより、空気呼吸が主で、エラから4割、空気から6割程と言われています。

●一般的にホームセンターなどで良く出回っている「ベタ」として売られている魚はトラディショナルベタと呼ばれます。
( 普通のベタということで「並ベタ」とも呼ばれます。)
野生種(ワイルドベタ)のベタ・スプレンデンスの改良品種です。
改良をさらに重ね、美しく系統を維持したものがショーベタです。お値段も高めで一万円をこすものもあります。
(最近ではオークションでも多く見かけます。ヤフーオークション「ベタ」 落札するときは出品者の評価をチェックしたほうが良いですね。)

■川の氾濫で水溜りに閉じ込められた時、その閉じられた環境ではエサの奪い合い、メスのを奪い合いが起こります。
そして勝たなければ自分の子孫を残すことはできません。
このような生死をかけた環境に絶えずおかれることで、空気呼吸を身につけ、闘争本能も強まったようです。





【飼育環境 】


【ベタの混泳】


【ベタの寿命】



【飼育その他】

 

ベタ飼育の魅力は、やはり威嚇のしあい(フレアリング)ですが、面白いからと、二匹を絶えず近づけていると、フレアリングしなくなります。鏡の場合も同じです。その場合は何日が間を空けるとまた始めるようになります 。
魚の記憶力は良くないです。
記憶力がよくないことを利用して、一度食べなくなったエサも、しばらくたってからあげると食べたりします。
また、繁殖がうまくいかないペアも、忘れた頃に再挑戦するとうまくいくこともあります。

ベタ同士が見えるようにを並べたままだと、絶えず意識しあってストレスを感じ続けることになるかもしれません。ブリーダーも通常は仕切りでベタ同士が見えないように飼育しているようです。





写真
上の写真はベタのメスとして販売されていたものの中に混じっていたオスで謎の多い固体です。
改良品種とワイルドベタの交雑種、もしくは改良品種の先祖帰りだと思われます。興奮時以外も発色していますので間違いなく改良品種の血が入っています。胸ビレの先端が白くないのも改良品種ぽいです。
配色と形が全体的に整っているのでワイルドベタの血も入っています。スプレンデンスワイルド種の特徴であるえらぶたの2本の線が確認できるのでだいぶワイルドベタ寄りです。
体型がスマートなのと、尾びれがラウンドテール気味なのでプラガットではなくトラディショナルベタとのハイブリッドだと推測しています。
(ハイブリッドの情報は少ないですが、ショーベタやプラガットのショートフィンタイプは尾びれが扇型のものが多く、トラディショナルベタはラウンドテール(丸い)が多い傾向があるようです)


ワイルドベタのアルビマルギナータの水槽に花が咲いた時の画像です。
ベタの写真は大きいのを載せると怖い感じになりますので癒される植物の写真です。





ワイルドベタの水槽が4年目に突入しました。
底床の掃除なしなので堆積物がだいぶたまってきて、バランスドアクアリウムになりつつあります。



P・R
京都の歴史ある町並みには
江戸から続く老舗ののれんを
数多く見ることが出来ます。
「のれんを巡る 京都の老舗暖簾」
のご紹介
http://jyugo.info/