ベタの飼い方

ショーベタ

スプレンデンスを品種改良により、よりヒレを長く、綺麗にしたもの。ショー・クオリティ・ベタ

●体長5cm程(ジャイアントと呼ばれる大きくすることを目的とした品種もあります。(10cm程にもなるらしいです))
●水質は、弱酸性の軟水
●水温は、25〜28度
●ブリーダーにより世界各地で増やされています。東南アジアでの養殖が多いようです。
    熱帯魚屋さんで入手できるものは東南アジア産がほとんどのようです。
●繁殖の難易度は個体により様々
●1,000円〜9,000円 入手はベタに力を入れている熱帯魚屋さん、もしくは通販などで。
ヤフーオークション「ベタ」 でも良いショーベタが見られるようになりました。たくさんの中から選ぶことができます。
私もお世話になってます。 落札前に出品者の評価をチェックしたほうが良いです。

  
ショー・ベタ
   ショー・ベタ

改良にも様々な方向性があります。 

■ヒレ
クラウンテール・・・ヒレの先が王冠のようにとんがるタイプ。とても優雅できれいです。裂け目が大きいものはろっ骨を思い起こさせるのは私だけでしょうか・・・

ショートテイル・・・その名の通り、短いヒレのもの。観賞用のショートテイルと、闘魚としてのプラガットは厳密には違うようですが、ひっくるめてプラガットと呼ばれています。一昔前はワイルド種と今の改良品種との中間のような微妙なヒレのものも見かけましたが、今はなかなかみません。

デルタテール・・・、尾鰭が大きく開くもの。スーパーデルタ、 ハーフムーンデルタの順に広がりが増します。(スーパーデルタ、ハーフムーンデルタともに半月状までヒレが開くものがありますが、広がりだけでの区別ではなく、レイ(鰭の軟条)の分岐数でも区別する。

ベールテール・・・並ベタのヒレの形です。

ロングテース・・・ヒレを 開く方向の改良ではなく、伸ばす方向の改良。ベールテールを長くした感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
品種改良の世界では、ある新色が一色出ると、その色と既存の色との交配により、カラーバリエーションが急激に増えます。

ベタは原種の段階で、鮮やかな赤、青(緑)、の色を持っていたので、カラーバリエーションは最初から多かったようですが、メタリカ系の色はスマラグディナが交配に使われたという話があります。最近は遺伝子レベルでの操作の話もちらほらありますし、グッピーの濃い青も同じメダカ系の他種(自然交配しない)の遺伝子を用いロシアで作出されたという話もありますし・・・。商業用にメダカに光るクラゲの遺伝子を組み込んで「ひかりメダカ」なんてものも市販される時代です・・。(後に中止になりましたが日本でも発売されていました。生産国では禁止していないので水槽内で群れて発光するメダカが売られています、NHKの遺伝子関係のお堅い番組で映像をみましたが、これがまたものすごくきれいだったりします)。
金魚を見るとよくわかりますが、3000年の歴史でいまだ青い金魚の品種は固定されていません。ない色を作り出すのは相当難しいようですね。




ジャイアントって大きいですね







P・R
京都を町を歩いていると、
数多くの暖簾見ることが出来ます。
中には、創業100年以上の老舗の
のれんも存在します。
jyugo.info
「のれんを巡る 京都の老舗暖簾」
のご紹介
http://jyugo.info/