(final updata 2008.8.24)

 文 書 館 part3


VAJRAYANA真理の探究
文書館Part3は、ペド豚、おっとっと麻原尊師(旧代表?)が残した意味不明のテキスト群の中から、Part1/2と違って、「何か一応宗教的な意味がありそうだが、何が面白いのかさっぱり分からないテキスト群」どころか、「何一つ意味のないテキスト群」を、読者の気持ちを一切考えず収録します。




懐かしのサイト「オウム真理教で民主主義が危ない!」(故・フミフミのギャグ剽窃)サイトのファイルより
破防法・弁明手続きその1(当時のページのコピー)そのオウム謹製zip
その2(当時のページのコピー)
その3(当時のページのコピー)そのオウム謹製zip
その4のオウム謹製zip
警察による不当行為(当時のページのコピー)
信者の声(当時のページのコピー)


 です。全部ZIP圧縮です。
 破防法その2のオウム謹製zipと、破防法その4のリアルページがありませんでした。ごめん。zipファイルくらい、もうみんな大丈夫ですよね。Windows系ではXP以降、実装されたという認識でやってます。




1991年4月の
東京本部スケジュール表1スケジュール表2
横浜支部スケジュール表1スケジュール表2
杉並支部スケジュール表
 です。
 久しぶりの「戦前」のそれなりに貴重な古典資料でございますが、これを喜ぶ人はどれだけいるのやら。




今は亡き「うをぃりゃぁー!」さんの「オウム真理教の洗脳テクニックを 【絶対】暴かずにはいられない!」のログよりPCVAN編niftyバトル編(ごめんなさい、12・17・18がないんです)lha圧縮ファイル

「うをぃりゃぁー!」さんがポアしてしまったので、興味がある人がいるのかなあ、と思い、アップしてみました。個人的には、「オウム正史」とはずれた「戦前」の「オウム裏面史」として貴重な資料だと思っております。で、誰かBATTLEの12・17・18をお持ちの方、いらっしゃらないでしょうか。
 あ、あと、もう「lha解凍できなーい」人、いないですよね。





ちょっと高いと思います。




だそうです。




でしょうか、何だかよく分からない。



確か96年ごろ発行された「サティアンかわら版」です

ね。



戦前資料の何かのビラです。

はい。とりあえず、です。




をアップしてみました。



「よいこのさんすう」の裏紙を使った「間違いやすい漢字」

だそうです。「達」のしんにゅうは、UNICODEに従っただけという気がするけど。「悩」と「脳」とは、単に馬鹿なだけ。っつうか、これ、何のための書類だろう。




だそうです。これ、昔オウマー日記でアップした記憶があるんだけど、やってなかったっけ。




です。これ、昔オウマー日記でアップした記憶があるんだけど、やってなかったっけ。




だそうです。A4一枚の紙。




です。何の意味があることやら。




B4一枚の紙。




A4一枚の紙。




「智光」と書いてあるのがお茶目だけど、左がないんじゃ、あんまり意味ないわな。



サティアン識華「アストラルトリップセミナー」

2004年度オウマー日記にて紹介したもの。




2001年度オウマー日記にて既に紹介。右下の絵が包茎みたいで可愛い。(2005.1.3)前のがあまりに汚いので差し替え。



オウマー日記で紹介したもの。戦後資料。




オウマー日記で紹介したもの。戦前資料。



謎のFAX「カンカーレーヴァタ師からの手紙」P.1-2 P.3-4・・P.5

画質、もともと悪し。手紙そのものはともかく、一枚目先頭の「所沢の狂人乞食」ってのが何とも心無くて素敵。「高層マンションは人間の欲望をマッチ箱に重ねるように縦横に配置した最も俗悪な建物」なんだそうだ。サティアン群ってそんな感じだと思うけど。




「11.最終解脱した人」って、尊師しかいないじゃん。




です。前回以上に、まさに何一つ意味がない。多分、この中の2つくらいはオウマー日記で紹介したと思う。一応「戦前(ファイルスタンプは1993-1994)」の資料です。






です。前にオウマー日記で紹介したと思う。まさに何一つ意味がない。一応「戦前」の資料です。



徹底的に修行するぞ委員会 会報 第一号P.1P.2P.3P.4

です。前にオウマー日記にて紹介。




だそうです。カラー、A4サイズのペラ。




です。当方、テープも所持してます。




です。
「時が近づいている!」って、いったい何の「時」なんやら。
「世界は激変する」って、無理矢理に激変させるんやんけ。撒いて。




です。あんまり面白くないけど........「(動物園に行ったのですが、)もっと考えさせられたのは、カメなんですね。そのカメは甲羅が厚いんです。甲羅が厚くて半円球の甲羅をしている。そのカメがひっくり返ってたんです。バタバタしてまして、元に戻るのに苦労していた。........この甲羅ゆえに、いったんひっくり返ったら苦しみを味わわなければいけない。........カメというのは、自己保全の心あるがゆえに苦しんでいるんだな、ということを考えたわけです。実を言うと、これは人ごとではありません。」って、そりゃあ、カメは人じゃないから、人ごとの筈が無い。



サマナ向け内部文書「こうして出家したビデオ」アンケートお願い

です。FAXで送られたもの。95年1月の日付あり。




です。
表の18の「サリン事件等が有罪・無罪に関係なく、尊師への帰依を貫くことができる」というのがお茶目。裏のほうはつまらない。



です。



「在家の修行者の場合は「在家の修行者は少なくとも愛を背景としたセックスをしなさい」「出家修行者の邪淫の戒は、当然漏らしてはいけないよ」だそうです。もっとも、「もちろんタントラの修行だとか、ね、あるいは特別な修行によって、性エネルギーを使う方法はないことはない」んだそうです。


内部(サマナ向け):ヴァジラティクシュナー正悟師寄稿(※[2000年]9月17日第2回シヴァ大神祭の際の説法の一部を文章にしたもの)

 です。
 下2つと同じく、サマナ向けっぽいんで、とりあえずご紹介します。


内部(サマナ向け)到達真智運命魂コース:チッタカ正悟師寄稿([2000年]9月17日第2回シヴァ大神祭の際の説法の一部を文章にしたもの)

 下記と同じく、サマナ向けっぽいんで、とりあえずご紹介します。


内部(サマナ向け)のヴァジラチッタ・ヴァンギーサ正悟師9月17日第2回シヴァ大神祭寄稿----(このファイルのタイムスタンプが2001年であること、その他諸般を考え、説法は2000/9/17と思われる)----の一部を文章にしたもの

 だそうです。
 一応、サマナ向けっぽいんで、とりあえずご紹介します。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。アレフ発足時のもの。



B5サイズ、表紙+本文11ページ。「戦後」作成のもの。しかし、どういう背景があって、こんなもんを作ったんだろうか。



A4三枚にプリントされたものをOCRかけ。どういう宗教的意味合いがあるのか分からないけれど、ありがちな「日共・反日共の争い」「ズルと馬鹿の戦い」にしか思えません。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。トイレで変な観想するな。


医療相談申請書

2001年度オウマー日記にて既に紹介。「ポアの集い」の後って、ポアした後じゃねぇ。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。一太郎ファイルですので、ご注意。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。しかし、どうして「富士で簡単にドリンクのビンを洗ってください」程度のことを、いちいちメモにする必要があるのか。


毒ガス殺人集団オウム真理教交通費請求明細書経費明細書仮払金申請書仮払金清算書

2001年度オウマー日記にて既に紹介。「ただの書類じゃん」って言われると、確かにその通りなのだが。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。要するに、「ドピュ!」が1.7秒で、マスを6000回かいたら約2.9時間ってことでしょうか



B4サイズの紙に、比較的大きな字で、例の「わたしは逮捕される前から、そして逮捕きれた後も」云々がプリントされている。2001年度オウマー日記にて既に紹介。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。要するに、他人にオウムグッズを沢山売りつけるとプルシャが貰える、と。



2001年度オウマー日記にて既に紹介。要するに、本を買わせろ、と。



印刷物のみ所有。A4で全14ページ。「修行するぞ」モノ。50度に15分も入るなんて、いやです。



テープおよび印刷物所有。印刷物はB4。上に「ヴァジュラサットヴァの百音節のマントラ」、下に「修行の心得」。



印刷物のみ所有。上の「ヴァジュラサットヴァの百音節のマントラ」を参照。



印刷物のみ所有。A4で全6ページ。「修行するぞ」モノ。




文書館Part2へ
  
文書館Part1へ
  
「VAJRAYANA真理の探究」へ戻る
 
「オウム真理教リンク集」へ戻る