阪本成一のホームページ

日本語 | English
ご挨拶 | 連絡先 | お知らせ
研究者データ | 学歴・職歴 | 学位 | 所属学会・団体等 | 賞罰
論文 | 国際研究会 | 学位論文 | 技術報告 | 学会発表(ASJ) | 学会発表(その他) | 解説記事 | 書籍
講演予定・実績 | 講演テーマの例 | 講師派遣依頼 | 出演予定・実績
新聞記事 | 雑誌 | テレビ・ラジオ | 映像記録 | インターネット星座カメラ | ペーパークラフト
東京大学漕艇部とは漕歴後輩に贈る言葉
関係機関学会・団体等検索出張内部向け

阪本成一のホームページへようこそ

ご挨拶

profile国立天文台チリ観測所の阪本成一(さかもと・せいいち)と申します。専門分野は電波天文学で、特に、星間分子雲の構造、運動、物理・化学状態、分布、生成・進化などのほか、この分子雲が鍵を握っている星・惑星系の形成や、銀河の形成と進化など、手広くいろいろと研究してきました。世界最小の電波望遠鏡を用いた掃天観測で学位を取得し、野辺山の電波望遠鏡などを使った研究のほか、南米チリ・アンデスの標高5000mの高地に完成した世界最大の電波望遠鏡「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA)」の建設に従事してきました。2014年4月からは東アジアの統合エンジニアリングチームマネージャーを、そして2016年4月からは国立天文台チリ観測所長を務めています。

前任地のJAXA宇宙科学研究所では宇宙科学広報・普及主幹として宇宙科学研究に関わる普及・教育・渉外活動全般を行ってきました。天文学や宇宙科学にとどまらず科学全般をもっと身近なものにし、科学的にものを考える習慣を広めていきたいと思っています。また、比較的しがらみなく社会に対して発言できる立場を生かし、「社会派天文学者」として社会のために役立ちたいと思っています。地域連携も積極的に進めています。

私は「体育会系天文学者」です。東京大学在学中には漕艇部に所属し、学部3年でユニバーシアード日本代表選考会と全日本大学選手権をエイトで制し、4年では主将として全日本選手権2位のエイトクルーを率いました。その4年間に頂点を目指して自分で考え努力したことが研究生活にも活かされたと確信しています。

「酒もっと」という名字に違わず何でも好き嫌いなくよく呑みますが、ついに痛風倶楽部の軍門に下りました。

連絡先

■NAOJ Chile Observatory:
Joaquin Montero 3000, Office 702, Vitacura, Santiago, Chile
+56-2-2656-9253

■日本国内連絡先:
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
国立天文台チリ観測所(三鷹)
電話:0422-34-3889、FAX:0422-34-3764

メール:sakamoto.seiichi @ nao.ac.jp
つぶやき:@sakemotto_
facebook:facebook.com/skmtsi

お知らせ


映画への協力 「エリジウム」:2013年9月20日公開。劇場プログラムにコメント。
「おかえり、はやぶさ」:全面協力。劇場プログラムにコメント。
「はやぶさ/遥かなる帰還」:全面協力。
「はやぶさ/HAYABUSA」:全面協力。研究室でロケ。特典映像に出演。
「宇宙(そら)へ。」:劇場プログラムにコメント。
「ナットのスペースアドベンチャー3D」:試写会にてトークショー。
「ザ・ムーン」:字幕監修。第21回東京国際映画祭にて舞台挨拶。

各種講演会津々浦々まで講演会に出かけています。一般向けだけでなく、小学生、中学生、高校生、技術者など、対象にあわせた内容設定が可能です。スケジュールやテーマ、講演依頼などはこちら。講演の様子は新聞などでも取り上げられています。ただし、広報・普及が本務ではなくなったため、お受けする案件をかなり制限させていただこうと思います。ご容赦ください。

動く人工衛星のペーパークラフト好評だった「動く望遠鏡のペーパークラフト」シリーズに加え、「動く人工衛星のペーパークラフト」シリーズの開発に着手しました。

月刊天文ガイド「宇宙に耳をすます」月刊天文ガイドに2009年4月号から連載「宇宙に耳をすます」が始まっています。詳しくはこちら

About Me | Site Map | Privacy Policy | Contact Me | ©2008 Seiichi Sakamoto