大阪 相続 税理士/相続に強い税理士。大阪兵庫京都滋賀の相続をサポート

生前対策の必要性

相続税の生前対策の必要性

相続の発生により、問題になるのは相続人間での財産分けや、遺言の内容に納得がいかないことにより話がこじれることなどありますが、相続税の支払いに関しても大いに問題となってくるのです。相続税は最高税率が50%です。いいかえると、相続人であるみなさんが取得した財産の半分が税金で持っていかれることになるのです。もちろん、相続税評価を行うことにより、土地や建物の不動産は時価よりも低い金額で評価できたり、基礎控除金額というのがあってこの金額相当部分は控除できたりするので実際に取得した財産の半分をもっていかれることはないのですが。でも凄い金額の税金が発生するというのはわかっていただけると思います。

この相続税ですが、被相続人の生前に対策をしていると、金額的には3億円の相続税を、1億円にしたりすることも可能なのです。2億円の節税ですからね、これは非常に大きいですよね。

ですので税理士は生前の対策をオススメするのです。フォークライアンももちろんオススメしますし、豊富な知識と経験により、ベストな生前対策をお届けします。

相続税の生前対策による節税方法

工事中

税理士事務所フォークライアン

〒541-0058
 大阪市中央区南久宝寺町1−9−8
ダイキビル801

:06-6484-6989
e-mail:forclien@gmail.com