相続のお勉強

法定相続人

相続・遺言のご相談は大阪06-6678-6595

相続人の確定は、法定相続情報証明制度で!

法律に定められた相続人とは?

相続は、亡くなられた人の財産を誰かが継承する制度です。
誰が継承するか、その範囲や順位は明確に決められています。

【民法第887条】[子・代襲相続] 被相続人の子は、相続人となる。 ※一部掲載

【民法第889条】[直系尊属・兄弟姉妹]
下に掲げる者は、第887条の規定によって相続人となるべき者がない場合には、下の順位に従って相続人となる。
第1 直系尊属。但し、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
第2 兄弟姉妹。

【民法第890条】[配偶者]
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、前3条の規定よって相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

このように、順位はまず被相続人の子もしくはその代襲相続人、次に直系尊属、その次が兄弟姉妹で、配偶者は常に相続人であることが定められています。

※「代襲相続」の説明は【法定相続分】のページにて解説

上記の図から、配偶者は常に相続人(他の相続人と同順位)であり、また先の順位者がいる場合、その後の順位の人に相続権はありません。

上記の図の法定相続人の範囲は、戸籍で確認することになります。
よって内縁の方は民法890条の相続人となりません。但し、特別縁故者や遺言書で指定されていた場合などは相続できます。これは、離婚した夫や妻も同様です。

また、結婚外で生まれた子供(非嫡出子)や胎児も法定相続人になれますが、非嫡出子は父親が認知し、胎児は生まれてくることが条件です。

ちなみに養子や養子にいった子(特別養子を除く)も法定相続人となります。

法定相続情報証明制度

平成29年5月から始まった制度で、被相続人、相続人であることを証する必要な戸籍を収集し、法定相続情報一覧図(相続関係説明図)を作成して管轄法務局に申し立てると、認証文付きの一覧図の写しが交付される。

この交付された一覧図の写しでもって法定相続人の証明書類とし、不動産登記や金融機関等での相続手続きに利用します。