法定相続人について−相続のお勉強


大阪/帝塚山あおき行政書士事務所が解説する相続・遺言基礎知識
HOMEサイトマップ
トップに戻る

○ 法定相続人(現行民法)

法定相続人とは?

相続は亡くなられた人の財産を誰かに継承する制度で、その範囲が決められています。

民法第887条[子・代襲相続] 被相続人の子は、相続人となる。 ※部分的掲載

民法第889条[直系尊属・兄弟姉妹]
下に掲げる者は、第887条の規定によって相続人となるべき者がない場合には、下の順位に従って相続人となる。 
第1 直系尊属。但し、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
第2 兄弟姉妹。

民法第890条[配偶者]
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、前3条の規定よって相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

順位は、まず被相続人の子もしくはその代襲相続人、次に直系尊属、その次が兄弟姉妹で、配偶者は常に相続人であることが定められています。



   法定相続人の範囲説明図

※「代襲相続」の説明は【法定相続分】のページにて解説


上記の図より、配偶者は常に相続人(他の相続人と同順位)であり、また先の順位者がいる場合、その後の順位の人に相続権はありません。

上記の図の法定相続人の範囲は、戸籍で確認することになります。
よって内縁の方は民法890条の相続人となりません。但し、特別縁故者や遺言書で指定されていた場合などは相続できます。これは、離婚した夫や妻も同様です。

また、結婚外で生まれた子供(非嫡出子)や胎児も法定相続人になれますが、非嫡出子は父親が認知し、胎児は生まれてくることが条件です。

ちなみに養子や養子にいった子(特別養子を除く)も法定相続人となります。



トップに戻る

Copyright(C)2005-2009.相続のお勉強.Masahiro Aoki.
All Rights Reserved.