相続のお勉強

法定相続分

相続・遺言のご相談は大阪06-6678-6595

現行の民法900条にある「相続分」について

民法に定めらている相続分とは?

早速、下記の図の事例をもとに、現金「1,200万円」を残して亡くなられた人の相続財産は、どのような分配されるのか見てみたいと思います。



【事例1】被相続人以外の登場人物がすべて生存している場合

第1順位である長男・長女が生存するので、後順位である父母、弟に相続権はない。
配偶者は常に相続人で、もし、このケースで配偶者が死亡している場合はすべて長男と長女が按分して相続する。

なお、長男と長女が実子(嫡出子…婚姻関係にある男女から生まれた子)もしくは養子の場合はこのままの金額ですが、非嫡出子(婚姻関係にない状態で生まれた子供…婚外子)である場合、これまでは嫡出子の2分の1の金額とされていましたが、民法の一部改正により平成25年9月25日以後の相続分については等しく扱われます。

[その他の例1]
子が配偶者の連れ子の場合、被相続人との間で養子縁組がないと相続分はありません。

[その他の例2]
被相続人が再婚で先妻との間に子がいた場合、その子も嫡出子なので後妻との間の子と相続分に差はありません。

【事例2】子供がいない場合



【事例3】子供がなく、父母ともにすでに亡くなっている場合

もし、このケースで弟が死亡している場合は甥と姪が代襲相続※1します。
代襲相続は甥・姪までで止まり、それ以降は続きません。

※1[代襲相続とは]
被相続人の財産を相続する者が、すでに亡くなっている等で相続できない場合に、本来なら相続権があった者からさらにその相続権を承継する制度。

上記【事例1】のケースで、長男が死亡していて、長男の子(被相続人の孫)が存在する場合、その孫が長男の相続分を相続することになります。孫が亡くなっていて曾孫がいれば、曾孫に代襲されます。

また、長男の死亡という事実以外にも、長男が相続廃除された場合や相続欠格であった場合にも代襲相続は適用されます。
しかし、長男が「相続放棄」した場合は代襲相続はされません。

最後に

法定相続分は必ず適用されるべきものではありません。
遺言などでなんらかの相続分の指定がある場合にはそちらが優先されますし、相続人の間で話し合いが合意に至れば自由に分配してもかまいません。