接続法のその他の用法

これまで、名詞節で使われる場合を述べてきましたが それ以外に使われるのは、

1)接続法を取る接続詞の場合(副詞節)

    典型的な接続詞として

     affinche`/perche` = so that
     purche` = as long as 
     sebbene/benche` = although 
     a meno che/a patto che = unless 
     prima che = before 
     senza che = without
     nonostante = in spite of the fact

この部分の練習問題は、「イタリア語練習問題集」(白水社) の16章 接続法現在11番〜14番(102〜104ページ) にあります。

 2)関係節を伴う最上級の場合

     E` la piu` carina bambina che abbia mai visto. 
                                  -----
 3)不定代名詞の場合

     chiunque - whoever
     qualunque - whatever
     dovunque (ovunque) - wherever

     Voglio comprarlo qualunque sia il prezzo.
P.S. すべてを網羅していませんが、ここまでで接続法現在は 終わりです。もっと詳しい説明は坂本文法を参照ください。

「試験に合格する」ことを主眼とするならば、接続法もあまり 奥の深いところまで突っ込まずにスッパリ割り切ると
     1)接続法を取る動詞 + che
     2)非人称の che
     3)接続法を取る接続詞(副詞句)

  だけでOKですね。例の練習問題集に出ているのはこの範囲です。

  それ以外は、オマケですので、忘れていいです :-)

戻る