接続法半過去の活用

接続法半過去の活用形の特徴ですが、

  語幹は、直説法の半過去の語幹(不規則動詞は少ない)

です。
直説法半過去は、essere を除いてすべての動詞が規則的に 変化しますが、それと同じです。

語幹ですが、essere(fossi), dare (dessi), stare (stessi) 以外の不規則なものは
  fare - fac(essi)
  dire - dic(essi)
  bere - bev(essi)
  porre - pon(essi)
  condurre - conduc(essi)
  dovere - dov(essi)
  potere - pot(essi)
  volere - vol(essi)

のように変化します。要するに、直説法半過去の活用がわかれば すべてわかります。

次の基本動詞は、無条件に覚えること。

   essere = fossi,fossi,fosse,fossimo,foste,fossero
   avere = avessi,avessi,avesse,avessimo, aveste, avessero

規則動詞は、

 -are  amare   = amassi,amassi,amasse,amassimo,amaste,amassero
 -ere  temere  = temessi,temessi,temesse,
                 temessimo,temeste,temessero
 -ire  sentire = sentissi,sentissi,sentisse,
                 sentissimo,sentiste,sentissero

戻る