仮定法

前に英語には接続法はないと言いましたが、英語の仮定法 と同じことを表すのに、イタリア語では接続法+条件法を 使います。この用法は、接続法半過去(大過去)を使います。

実際に英語でも会話で仮定法を使うケースはあまりあり
ませんが、文章では時々出てきますね。

英語と比較すると

実現しそうもない現在の仮定:

     If 過去形 ,  助動詞の過去 + 動詞の原形

   = Se 接続法半過去, 条件法現在

実現しそうもない過去の仮定:

     If 過去完了形 ,  助動詞の過去形 + 動詞の完了形

   = Se 接続法大過去, 条件法過去

となります。

       Se avessi piu` tempo, la aiuterei. 
     = If I had more time, I would help her.

       Se avessi avuto piu` tempo, la avrei aiutata.
     = If I had had more time, I would have helped her.

条件法については、伊検対策講座(3級) を参照してください。尚、「イタリア語練習問題集」(白水社)の 20章(125〜129ページ)に練習問題があります。

戻る