条件法過去

条件法過去ですが、英語だと仮定法(過去完了)のような感じです。

1)活用について

    avere (essere) の条件法現在 + 過去分詞ですので
    簡単に作れます。

      avere:  avrei avresti avrebbe avremmo avreste avrebbero
      essere: sarei saresti sarebbe saremmo sareste sarebbero

    は覚えてね。過去分詞は、近過去の時に覚えている筈だから、問題ないよネ。

2)用法について

    用法は、英語の仮定法(過去完了)のような感じで、

     ”過去に...したかったが、実現できなかたこと”

    を表すのに使われます。英語だと、

    If I had had enough money, I could have bought the bag.    

    のような形です。

    条件法、近過去、半過去の比較ですが、以下のように意味合いが変わります。    

    (条件法)  Sono andato al negozio perche' avrei voluto comprare 
              quella cravatta. (買いたかったけど買わなかった)

    (近過去)  Sono andato al negozio perche' ho voluto comprare 
              quella cravatta. (買いたかったので買った)

    (半過去)  Sono andato al negozio perche' volevo comprare 
              quella cravatta. (買ったかどうかわからない)

    また、

      ”過去から見た未来”を表すのにも使われます。

     Due giorni fa Marco mi ha detto che avrebbe comprato il libro.

     この場合、英語の時制の一致のような感じです。

戻る