イタリア語の特徴

詳細のトピックに入る前に、イタリア語の特徴についてまとめておくのが よいと思いますので、以下に私見を述べます。これから書くことは あるレベルまでイタリア語をマスターしたい人たちのもので、旅行 でイタリア語をしゃべりたいという人向きではありません。

イタリア語をマスターするためのキーポイントですが、これはズバリ

”動詞の変化をマスター”

することだと思います。

ロマンス語系のことばは、現在形でも人称・数で動詞が 変化します。それに加えて時制がたくさんありますので、 覚えるのは大変です。しかしながら、変化が咄嗟に出てこないと 言語は使い物になりませんので、

イタリア語活用練習ソフト

で練習されるのがよいと思います。間違った時点で直ぐに訂正されると記憶 できるように思います。2週間程度やれば大体暗記できると思います。
参考:「イタリア語動詞活用表」(西本晃二、斎藤憲:白水社)

それから、「外国語上達法」(千野栄一、岩波新書)にもありますように、

”変化表の暗記”(冠詞、形容詞、代名詞、目的補語等)

が必要です。これらは、どんな言語でも10ページ以内ですので、時間が ある時に眺めて覚えてしまうと、後の勉強が楽になります。これは、通常 の勉強と並行して空で覚えるまで繰り返しやることが必要です。

どの言語でも基本単語は、1000〜2000語ですので、

”頻度の高い1500語を覚える”

ことも必要です。ある一定以上の単語力がないと勉強が苦痛になります。 但し、単語集を最初から全部覚えるという方法は挫折しやすいので、 自分で勉強しているテキストで出てきた単語を確実に覚えること、時々 イタリア語単語2000のようなものを見て、頻度が高いもので覚えて いないものをチェックするのが良いと思います。

単語集は、頻度が付いているものを買うこと。
参考:「イタリア基本単語集」(秋山余思:白水社)

文法ですが、フランス語やスペイン語からイタリア語に入った人には わかりやすいのですが、英語の次にイタリア語を始めた人は少し勉強 が必要です。

例えば、

- 性・数の一致

冠詞+名詞+形容詞 が名詞の性・数に一致する

それから、essere + 形容詞、これの派生で essere を取る動詞 の近過去(例えば、再帰動詞)等

- 目的語の位置

普通は動詞の前に来ます。それから、近過去で動詞の前に来ると avere を取る動詞でも過去分詞が性・数に一致する 直接・間接目的語が両方代名詞の場合の位置・結合形等

最後に、英語から類推できることですが、単語(ラテン語やギリシャ語に 起源を持つもの)は、対応する単語を推測できますが、日常使われる簡単な 単語は英語からは類推できません。

戻る