第9回: Philein - Love

ギリシャ語の philein は、”愛する”を意味しますが、

logos が付くと philology (言語学)

形容詞は、philological

anthoropos が付くと philanthropy (慈善)

人だと philanthropist

形容詞は、philanthropic 

adelphos (兄弟)から Philadelphia (フィラデルフィア)

harmonia (調和)から philharmonic

philter は、ほれ薬です。

biblion から bibliophile (本の虫)

Anglus(イギリスの)なら Anglophile (イギリス贔屓)

形容詞+ phile の同じ方式で

Francophile, Russphile, Hispanophile, Germanophile,
Nipponophile, Sinophile

ついでに

Sino-Japanese War  (日清戦争)
Russo-Japanese War (日露戦争)

それから、

 andros (男)  が付くと androphile
 gyne  (女)  が付くと gynephile (or philogynist)
 paidos (子供)が付くと pedophile
 zoion (動物)が付くと zoophile
 botane(植物)が付くと botanophile 

[英語 -> イタリア語]

philology        filologia
philological     filologico
philanthropy     filantropia
philanthropist   filantropo
philanthropic    filantropico 
philharmonic     filarmonico
philter          filtro
bibliophile      bibliofilo
Francophile      francofilo
Russphile        russofilo
Hispanophile     ispanofilo
Germanophile    germanofilo, tedescofilo
Nipponophile     nipponofilo
Sinophile        cinofilo
androphile       androfilo
gynephile        ginecofilo
pedophile        pedofilo
zoophile         zoofilo
botanophile     botanofilo

(コメント)

  1) philology よりよく使われるのは、linguistics ですが、
       これは、ラテン語の lingua (舌)から来ています。
       英語だと tongue ですね。

  2) philterは仏語ではphiltre(ほれ薬)というのが対応していて、これを仏伊で
      ひくとfiltroとなっているんですが、小学館の伊和中辞典 だと filtro(1) と
      filtro(2)の二つに分けて書いてあります。

  3) pedophileは仏語でもpe'dophile です。これは昨年欧州で多発した幼児
      誘拐事件の報道の際、F2(BSで見れるフランスのニュース)でよく使わ
      れていました。もともと医学ラテン語 pedophiliaから来ていますから、
      この手の単語は西欧語共通です。イタリア語ではpedofilia、人はpedofilo。

念のためリーダーズ英和で英語の意味を確かめておきましょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
pedophile
_n. 小児(性)愛者 《子供を性愛対象とする性的倒錯者》.
pedophilia
_n. 【精神分析】 小児(性)愛, ペドフィリア 《大人が子供を性愛対象とする
性的倒錯》.
-philiac , -philic a.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  4) 小学館の伊和中辞書のfilologiaの項を見ると以下のように説明されています。

      linguistica:言語そのものの研究
      filologia:文学作品の考証、解釈などを通じた文化、言語の研究
      glottologia:歴史的観点からの言語の研究

      glotto-もギリシャ語語源で「舌」という意味なんですね。poliglottoという単
     語の意味が理解できますね。glottide は「声門」という意味のようですが、こ
     れも関係あるのかな?

     英語のglottisですね。関係あります。ギリシア語で、本来は「小さな舌」とい
     う意味です。

研究社の新英和中辞典から引用します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
phi・lol・o・gy 
1 文献学.
2 言語学 《★【比較】 現在では philology は通例史的または比較的に研究す
る言語学をいい,linguistics は共時的に研究する言語学にいう》.
_comparative 〜 比較言語学
_English 〜 英語学.
[ギリシャ語「ことばを愛すること」の意; _ philological_]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
要するにphilology(filologia)には「文献学」というニュアンスが強いというこ
とです。

戻る