描画表現を中心とした授業づくり
1 描画表現とは
(1)描画表現の指導

   学習指導要領解説の 3 改善の要点  (2)内容の改善の要点に

ア 内容の関連と2年間を見通した弾力的な指導
・内容を2学年まとめて示す。
・絵や立体に表すこととつくりたいものをつくることを関連づける。
・材料をもとにした楽しい造形活動(造形遊び)を高学年においても指導す  
 る。
イ 鑑賞の指導の充実
・すべての学年で独立して指導できるようにする。
・地域の美術館などの利用を明示する。
ウ 工作の指導に充てる授業時数の確保
・絵や立体に表す授業時数とつくりたいものや工作に表す授業時数をおよそ  
 等しくする。

    
   等が示されている。 
 「描画表現を中心とした授業づくり」で特に留意したいことは、上記の「絵や立体に表すこととつくりたいものをつくることを関連づける」ということであり、次の2点について配慮する必要がある。
 まず第一点は、解説に「個性を生かした多様で創造的な表現活動を促し、児童が自分に適した表現方法などを選ぶ観点から」と記されているように、児童一人一人のそれぞれのよさが発揮できるような表現の多様性が期待できる題材を設定するということである。すなわち、従来一般的に行われていたような同一規格の画用紙に同じような手順で一斉に描画表現するということではなく、児童一人一人のイメージにより、自分に適した表現方法を児童自身が選んで表現できるような多様な表現方法が選択できる内容豊かな題材の設定が求められるということと、第二点目は題材の精選の観点から「描画表現と工作等を関連づける」ということである。描画題材や立体表現題材、工作題材等を関連づけて題材を構成することにより、児童の表現活動<構想や発想、創造的な技法、鑑賞等>が継続的・発展的に経過し、豊かな表現活動が期待できるとともに、時間的にも経済的にも無駄を省くことができ、その意味で題材が精選されたことになる。描画表現の題材についての認識を新にしたいことである。
(2)描画表現の種類と内容
 描画とは何か…描画と同一の意味でつかわれている絵画は三次元的世界を二次元的に描写することであり、遠近法や色彩や陰影の表現によって物体の形象を平面に仮象としてつくり出す表現形式である。したがって描画表現として扱うジャンルはデッサン、水墨画、版画、デザイン等、一般的に平面上に線や色によって何らかの視覚形象を描き出す全ての造形作品ととらえることができる。
 学習指導要領では「絵画」ではなく「絵や立体」の「絵」である。「絵画」ではなく「絵」であることに注目したい。学校教育で絵を描くということは絵画作品だけをつくるという狭い意味ではなく、絵が生活のあらゆる場面で楽しく描かれることをねらいとしているからである。低学年では「感じたことや想像したこと」、中学年ではそれに「見たこと」、高学年では「伝え合いたいこと」が加わって「絵や立体、つくりたいものや工作などに表す」ことの目標になっている。
@ 描画表現の種類
 描画表現とはクレヨンやパス、水彩絵の具などで絵に表す「絵」と版に表す「版画」、デザインしてつくる「デザイン」等の活動である。
「絵」
・ドローイング…クレヨン・パス
・ペインティング…水彩絵の具
・オートマチック…モダンテクニック等(ページ末の資料A参照)
「版画」
・凸版…型押し・紙版・木版等

・凹版…銅版画・ドライポイント
・平版…石版画・モノプリント
・孔版…ステンシル・シルクスクリーン
「デザイン」
 デザインの学習は小学校では特別な分野として取り上げられてはいないが、基礎的な造形活動として構成やデザインの考え方が含まれている。
・並べる、つなぐ、積む、色や形の組み合わせ等の構成練習
・伝え合いたいことを絵や立体で表す伝達デザイン
A 表現の主題(内容) 
「観察表現」
・写実的で再現的な表現
 <観察により概念の固定化を破る>
「想像表現」
・お話の絵(物語絵)と空想の絵など
 <教師のアイデアで多様な題材>
「生活画表現」
・生活経験をもとに描く再現的な絵
 <子どもの主体的な気付きや興味・関心の表現>
「構成・デザイン・他」
・形や色彩、材料などを生かした構成

・身の回りのものや伝えるものなどのデザイン
 <造形活動全般に関する創造的な方法や行為としての表現>


2 授業構想<題材構想のページと一部重複>
(1)授業設計・準備
 @題材…図画工作の全体計画及び年間計画に位置づけられた題材
 ○題材精選の視点
 ・学年の基礎的・基本的な内容の定着
 ・多様な造形活動の体験
 ・自らつくりだす活動の重視
 ・地域や学校行事、他教科等との関連 
 ○留意事項
 手応えのある題材…完成したときの充足感が大きい題材(ページ末資料@参照)
 ・魅力ある題材…意欲を高め、表現活動に愛着を持つような題材(ページ末資料@参照)
 A題材名
 ・学習の主題にそった活動ができる(主題が的確につかめる)題材名
 ・想像力を働かせて自分らしい表現の思いがもてるような題材名 
 ・表現の発想や構想などをふくらませ、活動の広がりを促すような題材名
 B目標
 ・学習指導要領に示された学年の目標、内容、観点別学習評価の観点等
 ・児童の既習の学習内容と既有経験、心身の発達状態
 C計画

 ・学習内容の工夫→題材間の関連・発展/他教科との関連(合科的・横断的・総合
          的)

 ・学習形態の工夫→
児童の発想や構想の広がりを促し表現内容を豊にする機会や場
          の配慮

 ・学習展開の工夫→児童一人一人のリズムやペースを生かすための弾力性のある計
          画

 ・学習環境の工夫→学習形態・材料用具等を含む環境設定
 D評価…評価規準・評価方法等
(2)実施・展開
 @発想の広がりやふくらみを大切に
 ・表現活動の過程で広がる発想を大事にするためには弾力的な時間設定が必要
 A一人一人のリズムやペースに配慮
 ・多様な表現活動を受け入れる弾力的な展開が大切
 B学び合う場の設定
 ・人と人のかかわり合いの重視…鑑賞の学習場面などで有効
 C用具や材料の扱い
 ・素材とのかかわり方の工夫…素材からの発想などの重視
 ・創造的な技能への配慮
 D学習過程における評価
 ・表現活動の過程における価値付け

(3)事後指導・評価
 @事後指導…作品展示等
 A作品の評価…目標に準拠した評価(絶対評価)
        個人内評価は幅広く評価の観点を設定し、作品一点一点のよさを
        評価する 
(ページ末の資料B参照)


資料@ 題材例
◆手応えのある題材例 (ディスク容量の関係上作品例は1点だけ)
 「屋上からの景色」(一版多色刷り版画)5年

【ポイント】 版画づくりという工程を乗り越えた後の作品に満足した。一版多色刷り版画の刷りは偶然の効果が生き、一人一人の作品がそれなりの味わいがある作品になる。



◆魅力のある題材例
 「夢の世界」(グラデーションのある構想画)学生
【ポイント】美の形式原理であるグラデーションを画面のどこかに取り入れることで、どのような作品であっても人の目をひくポイントがあり、魅力ある画面になった。




資料A モダンテクニック 

スクラッチ
(ひっかき絵)

クレヨンなどで下地に色をつけてその上に黒などのパスで重ねぬりをし、釘などでひっかいて描く

スタンピング
(型押し)

版(印)になる物を画面に押しつけて写す。

スパッタリング
(ブラッシング)

絵の具を金網と歯ブラシを使って霧状にして描く技法。エアーブラシという道具もある

デカルコマニー
(あわせ絵)

紙を二つに折った間に流動性のある絵の具を塗り、押しつけたりこすったりした後で紙を広げる

ドリッピング
(たれ流し)

水分の多い絵の具やインクを紙の上にたらし、にじませたり、口やストローで強く吹いたり紙を傾けて絵の具を流したりする

バチック
(はじき絵)

クレヨンやろうそくなど水をはじく素材で線を描き、その後で水気の多い絵の具で彩色する

フロッタージュ
(こすりだし)

紙を凹凸のある金属や板に当て、上から鉛筆などでこすりつけて写しとる

マーブリング
(墨流し)

油性絵の具を水面にたらしてできた模様を紙に写しとる

コラージュ
(はり絵)

紙、布、ひもなどを画面に貼り付けて表現する



資料B  描画評価の10観点(例)

NO 観点 内 容 例
描写力 描写力が正確でしっかりしている
自由さ 心にこだわりがなく、自由にのびのびと描いている
主 題 絵のテーマに沿って表したいことがしっかりと描かれている
構 成 物と物との配置、組み合わせがたくみである
着 想 発想が新鮮で個性的な表現をしている
情 感 幻想的なもの、空想的なもの、夢、ポエジーが感じられる

誠実さ

表現の仕方が誠実で、はったりがない
技 法 筆づかいや色のぬりかたが達者で器用にかけている
内 容 描きたいことがらがたくさん描かれている
10 雰囲気 ほほえましさ、楽しさの感じられる絵である