美術ミニ事典

ま〜


物語絵巻

@源氏物語絵巻
平安時代の代表的絵巻物の一つ。「源氏物語」の絵画化。出来事を説明するのではなく、場面の情趣を象徴的に表現しており、物語に対する深い理解が鑑賞の前提となっている。
・形式的には一場面を一紙に完結的に描く段落式で、特徴としては、あつく色彩を重ね、輪郭線を描き起こす濃彩つくり絵の技法や、引目鉤鼻(ひきめかぎはな)・吹抜屋台(ふきぬきやたい)などのやまと絵の手法で華麗で装飾性豊に表現されている。
・源氏絵は,物語成立後まもなくはじめられ,中世・近世を通じて愛好された。そのなかで現存する最古の作品が徳川黎明会(尾張徳川家伝来)と五島美術館(阿波蜂須賀家伝来)に分蔵されている。

A高山寺・鳥獣戯画
・京都市高山寺に伝わる4巻一組の白描絵巻(筆の線だけで制作された絵画)で,人物の戯画も含み《鳥獣人物戯画》ともいわれる。
・猿,裏,狐,蛙などを擬人化し遊戯や法会の場面を描く甲巻と、牛や馬など身近な動物の生態を生々と写し出し,また麒麟,竜など空想上の動物をも加えた乙巻は墨一色の濃淡,強弱自在な筆さばきをみせて表現力に富み,12世紀中ごろまでさかのぼると考えられる。

・これに対して,前半に笛事に興じる人間の悲喜劇,後半に擬人化した動物たちの遊戯を描き分けた丙巻は,筆線に甲,乙巻のようなのびやかさに欠けるところがみられ,制作期もややおくれる。丁巻はきわめて粗い筆致で人間の滑稽卑俗な様態をさまざまに描き出した戯絵(ざれえ)で,13世紀中ごろのものと考えられる。甲,乙巻に関しては鳥羽僧正覚旨(かくゆう)の作と伝えられている。

B信貴山縁起絵巻
10世紀の初めころ,大和と河内の境をなす信貴山にこもって,毘沙門天をまつりその功徳によりさまざまな奇跡を行った修行僧命蓮を主人公とする三つの物語を3巻に描いた絵巻。
1巻は絵1段で詞書はない。「飛倉の巻」あるいは「山崎長者の巻」と呼ばれる。第2巻は絵詞各2段で、命蓮が剣の護法童子を飛ばせて帝の病を癒したという霊験譚で「延喜加持の巻」と呼ばれる。第3巻も絵詞各2段で、人間愛の物語「尼公の巻」である。
・軽妙な人物表現と背景の山水描写に特色があり、画面が時間的経過にしたがって緩急自在に展開。異時同図法時間的逆行法などの映画的手法が特徴である。源氏物語絵巻の「段落式」に対して「連続式」の構成である。